節約

【知らなきゃ損】スマホ料金を節約して年間15万円得した方法・手順を公開

どうもこんちちは!

メンズナース福です。

今回は前記事で紹介した、ある裏ワザを使ってスマホ料金を年間15万6千円節約した方法を具体的に紹介していこうと思います。

【裏技あり】ズボラな看護師がラクして1年で180万円貯金したズボラ節約術どうもこんにちは! メンズナース福です。 という疑問に答えます。 看護師として働き始めて早4年。 25歳にな...

 

今やほとんどの方が利用しているスマートフォンですが、月々の料金を安く抑える方法を知らないがために、高い料金を払い続けているのは正直もったいないです。

食費や光熱費などのように、毎日意識して頑張らなくても節約ができてしまうので、スマホ料金の見直しは本当にオススメです。

スマホ料金で損したくない方には必見の内容となっておりますので、どうぞご覧ください。

 

福さん
福さん

本記事には格安SIMなどといった、なんか難しそうな言葉が出てきますが、なるべく分かりやすく解説していきますので、どうかお付き合いください。

 

ほとんどの人が損をしている理由

 

現在のスマホ料金が当たり前だと思っている

携帯電話で有名な会社といえば、ドコモ、ソフトバンク、auの大手3社です。

ガラケーの時代から携帯業界の売り上げほとんどを占めていたのが大手3社ですので、ほとんどの方は中学、高校の時からその会社を使い続けていています。

携帯料金は大手3社がある程度の足並みを揃えていますし、スマホに関しては機能が優れている分、料金は高くなるのは当たり前だと思っている方が多いです。

僕も数年前まではそう思っていました。

しかし実際にスマホの請求額が毎月15000円→月2000円になったことで、高い料金が当たり前ではないと気づくことができました。

昔と違って今は格安で使える会社がたくさんありますので、スマホ料金=高いというイメージを一旦忘れてください。

手続きが面倒くさそうだと思っている

みなさんはスマホの契約手続きをしたことはありますでしょうか?

学生の方や、親に料金を払ってもらっている方は別として、自分で契約しに行くと、待たされるし契約書は多いで面倒だな〜というイメージを持っている方が多いと思います。

確かに新しい機種に変えるだけでも空いていれば40分程度ですが、他の会社に変えるとなると様々な手続きがあり、1〜2時間はかかってしまいます。

手続きが面倒だな〜と感じる最も大きな理由は、やり方の全体像を知らないからです。

僕もスマホの買い替えには面倒なイメージしかありませんでしたが、実際に元携帯ショップ店員の友人とやってみると、ものすごく簡単でシンプルなものでした。

病棟でも知らない処置や術前術後の患者を初めて受け持つ時なんかは流れや全体像が掴めないので、なんとなく怖いとか、苦手なイメージがあると思います。

それと同じで、人間は知らないものを遠ざけてしまう傾向にあるため、スマホの手続きに関しても面倒で苦手なイメージを持っているのは当たり前のことです。

逆にいえば、全体像さえつかめれば簡単に節約ができるということです。

携帯を安くするための手順と全体像

携帯の会社をどうしても変えられない人の場合

①近くのショップか家電量販店にいく
②不要なオプションがついていないか確認してもらう
③データ通信量や電話カケホーダイなどのプランが本当に自分に適しているか相談する

①近くのショップか家電量販店にいく

まずは、近くのショップか家電量販店で、スマホ料金の見直しをしてもらいましょう。

ネット上でもオプションの確認はできますが、スマホ料金に無頓着な人ほど、現在どんなオプションに加入しているのか把握していない方が多いと思います。

お店に着いたら、

節約したい人
節約したい人
携帯料金の見直しをしたいんですけど

と伝えましょう。

②不要なオプションがついていないか確認してもらう

スマホの契約時などには、3ヶ月間本読み放題、初月のみ無料のサービスなどに加入させられる可能性がかなり高いです。

無料期間内に解約すれば料金は取られませんが、僕のようにズボラな人は解約し忘れて、使ってもいないサービスにお金を支払い続けている可能性も高いので、オプションの確認はしましょう。

福さん
福さん
ちなみに僕は合計毎月3000円のオプションを2年半くらい払い続けていました(泣)

ちなみに僕はiPhoneですが、iphoheの保証は毎月800円程度する割に、修理に出すと2万円とか取られるので、保証は入らなくて良いと思います。
修理はそこらへんにある修理屋さんで安くしてもらえます。

③データ通信量や電話カケホーダイなどのプランが本当に自分に適しているか相談する

スマホの料金は大きく分けて、3つの料金が合わさったものになります。

「スマホの機種代金」「電話の料金」「データ使用料」

この3つの料金のうち、「電話料金」「データ使用量」は改善の余地があります。

例えば僕の場合。
「電話無制限カケホーダイプラン+データ使用量30ギガ」というプランでしたが、

実際に電話はラインの方が多いし、電話番号を使うことはほとんどありませんでした。
また、途中でWi-Fiの契約をしたこともあり、現在のデータ使用量を確認すると毎月4ギガ程度でした。

ですのでプラン変更して、オプションも解約しただけで15000円の料金が毎月8000円になりました。

この後、格安SIMに変更することになりましたが、携帯会社をどうしても変えることのできない方は、まず店舗に足を運んでみてください。

節約したい人
節約したい人
ところでSIMってなんなの?

SIMとは、スマホに必ず装着されているICカード(SIMカード)のことです。スマホの新規契約をすると、携帯電話会社は新しいSIMカードを発行します。その中には契約者の識別番号や電話番号、メールアドレスといった情報が記録されていますので、スマホはSIMカードを装着した状態で使うことになります。

https://www.qtmobile.jp/beginner/simcard/

上記のサイトにSIMについてとても分かりやすく説明されているので、もう少し詳しく知りたいな、という方はぜひ参考にしてみてください。

格安SIMで月2000円コースは下記に解説します。

携帯の会社を変えても大丈夫な人の場合

 

①今使っているスマホが楽天のSIM契約できるかどうか確認する
②店舗でスマホをSIMロック解除する(ドコモの人は不要)
③店舗で自分の料金プランを確認しておく
④MNP予約番号を取得する
⑤楽天会員になる
⑥楽天モバイルでSIMのみの契約をする

大まかにたった5つの手順で毎月2000円という料金に抑えることができます。
では、解説していきます。

①今使っているスマホが楽天のSIM契約できるかどうか確認する

まずはじめに、今使っている機種が楽天のSIMに対応しているか調べる必要があります。

SIM対応機種かどうかは下記楽天モバイルホームページから調べることができます。

基本的にiPhone6より新しいiPhoneなら大丈夫ですが、アンドロイド機種を利用している方は調べてみましょう。

対応端末

②店舗で自分の料金プランを確認しておく

まず店に着いたら、

 

節約したい人
節約したい人

料金プランの確認と、SIMロック解除とMNP(エムエヌピー)予約番号の発行をしたいんですけど

と伝えるだけでOKです。

あとはお店の人の案内にしたがって、流れで終了します。

これだけだと不安に感じる方も多いと思いますので、詳しい解説をしていきます。

まず、自分の料金プランのどこに注意して確認するか。という部分です。
プランの確認をしておくことで、楽天モバイルで契約するプランを選ぶときにかなりスムーズにできます。

確認しておくべきことは以下の2つ。

・電話番号にかける電話は一回あたり10分以内で足りるかどうか
・月々のデータ通信量はどのくらいか

ここはネットでも確認できますが、ついでなので店員さんに確認してもらうとスムーズです。

③スマホのSIMロックを解除する

SIM対応機種であった場合は店舗にスマホを持っていき、SIMロック解除をしましょう。

お店でSIMロック解除をするとキャリアによって異なりますが約3000円の手数料が発生します。

自分でSIMロック解除をすると無料でできるのですが、慣れていない作業を調べながらやって何時間もかかるのは効率が悪いので、プランの確認とMNP予約番号の発行も一緒にお店でやってもらうようにしましょう。

僕もお店でSIMロック解除を頼んだのですが、ドコモユーザーだったので解除は不要でした。

auとソフトバンクを使用している方はSIMロック解除は必須となります。

④MNP予約番号を取得する

MNPとは「モバイルナンバーポータビリティ」の略です。

MNP予約番号の取得とは簡単にいうと、今使っている電話番号そのままで他の会社に乗り換えるために必要な13桁の番号を取得することです。(MNP予約番号の発行は無料です)

ここでの注意点として、MNP予約番号の発行と、携帯の解約を同じだと勘違いしている方が多いですが、全くの別物ですので本当に注意してください。

携帯を解約してしまうと今使っている電話番号を楽天モバイルに引き継げなくなります。

予約番号は2週間有効で、発行してもスマホを解約したことにはなりませんし、予約番号発行後に他社に乗り換えなかったとしてもキャンセル料などのペナルティは一切なしですので安心してください。

この予約番号の取得方法ですが、お店の人に頼めばすぐにやってくれます。(忙しい店舗などはやり方を説明されて、専用の電話番号にかけてくださいと言われることもある。)

電話一本でMNP予約番号を取ることもできますが、繋がるまでに時間がかかることが多いため、オススメしません。

各会社によってMNP予約番号取得の窓口となる電話番号は異なりますので自分で行う場合は注意してください。

⑤楽天会員になる

楽天モバイルを利用するにあたって、楽天会員であるという条件なら契約1年目は1500円割引で使えるので、楽天会員にならない手はないです。

楽天会員の方はかなり多いと思いますが、まだ会員になっていない方は必ず登録してください。
電話番号、名前などの個人情報とメールアドレスがあればすぐに登録できます。

下記に楽天会員登録のURLを載せておきます。

https://www.rakuten.co.jp/myrakuten/help/

ここまでの流れをまとめます。

・自分の契約プランを確認
・SIMロック解除を済ませる
・MNP予約番号を取得する
・楽天会員になる

 

福さん
福さん

ここまで準備はできましたでしょうか??
次が最後の手順になりますので、頑張ってください!!

⑥楽天モバイルでSIMのみの契約をする

楽天モバイルの契約は大きく2つの契約に分かれています。

それは、「本体+SIM」「SIMのみ」の契約です。

さらにSIM契約の中でもプランが分かれています。

音声電話だけできるプラン。
音声通話+インターネットができるプラン。
音声電話はできずにインターネットのみのプラン。

この辺は楽天のホームページがめちゃくちゃ分かりやすく解説しているので、ホームページを参考にしてください。

ホームページを開いたら、「SIM」のタグの部分のページを開くと詳細が記載されています。

楽天モバイル

なぜオススメが楽天モバイルなのか

楽天モバイルは元々MVNOと言って、大手3社から回線を借りてインターネット事業をしていた業者であり、2014年に開始しました。

格安スマホをメインとしてサービスを提供し、2018年には大手3社と同じ回線を割り当てられて事業をできることになりました。

つまり、大手3社の仲間入りを果たし、大手4社になったということです。

格安スマホは回線を借りている分、電波が安定しないなどのデメリットもありましたが、楽天モバイルは安定した電波をもらうことができたので、電波が安定していて料金は安いという最強のメリットがあります。

今まで大手3社が高い料金体系でスマホを売っていたところに、元々格安スマホで有名になった楽天モバイルが、料金は格安のままで参入したので、楽天モバイルはコスパから見ても優秀ということです。

さらに、楽天会員やダイヤモンド会員にはより多くの割引があるので、楽天ヘビーユーザーの僕からすれば、楽天以外のスマホを使う理由はありませんでした。

結果的に月2000円で利用できていますが、特典については最後の方で解説します。

店舗よりネット契約が断然オススメの理由

楽天モバイルはここ数年爆発的に知名度が上がり、人気があります。

人気が出てきている割には実店舗の数が少ないのと、需要に比べて実店舗が少ないため、人が集まりすぎて待ち時間が長く、契約にものすごく時間がかかるというデメリットがあります。

実際に僕が住んでいる地域では楽天モバイルの実店舗は1つ隣の市に1店舗あるだけで、休みの日なんかは平気で7時間待ちでした。笑

12時に行ったのに受付終了という事実です。

看護師は不定休ですが、休みの日にそこまで時間をかけて行くのももったいないと思い、ネットで契約することにしました。

貴重な休みを丸一日使って節約のために動くより、家でだらだらしながらネットで申し込んで、家族と過ごす時間や、自分の時間を楽しむ方が圧倒的に有意義ですので、時間を無駄にしたくない方は断然ネットでの契約がオススメです。

元携帯ショップ店員の友人も言っていましたが、実店舗に足を運んで契約しても特別に安くなるなどのキャンペーンはなく、ネット契約と変わらないので、契約のプランさえ自分で把握していれば、ネット契約の方が良いそうです。

楽天モバイルを最安値で契約する方法

最後に、楽天モバイルを最もお得に利用する方法を解説します。

その方法は以下の3つです。

楽天会員になる

楽天会員になるとだけで、ただでさえ安い基本料金から最初の1年間は1500円の割引を受けることができます。

ダイヤモンド会員になる

ダイヤモンド会員になるとさらに500円割引で、計2000円の割引ができます。

僕はたまたまダイヤモンド会員でしたが、そうでない方でも1500円は割引が効きます。

ダイヤモンド会員になるために条件はありますが、楽天のホームページで分かりやすく解説しているので下記にリンクを貼っておきます。

https://point.rakuten.co.jp/guidance/rankkeep/

楽天カードを作る

これは楽天ポイントを貯めるためです。
支払いを楽天のクレジットカード払いにすることで、100円で1ポイント貯まるので、口座引き落としよりもお得です。

まとめ

かなりボリュームのある記事になってしまったので、楽天モバイルで月額2000円で利用できる方法をもう一度まとめるとこんな感じです。

・自分のスマホがSIM契約できるか確認
・現在使っているスマホのSIMロック解除をする
・自分に適切な契約プランの確認
・MNP予約番号の発行
・楽天会員になる(1500円割引)
・楽天モバイルのサイトからSIMを申し込む
・楽天クレジットカードを作る(ポイント還元を受けるため)
・楽天ダイヤモンド会員になる(500円割引)

僕はプランM(10分以内かけ放題+データ通信量6GB)の契約で、本来は毎月3980円ですが、「楽天会員+ダイヤモンド会員」なので契約1年目の現在は毎月1980円で利用できています。

福さん
福さん
毎月15000円支払いしていた頃が懐かしい。。

年間15万円の節約ができれば、家族旅行や親孝行、ちょっとの贅沢ができるようになりますし、節約を通して皆さんの人生が少しずつ豊かになればな、と思います。

以上、ありがとうございました。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!