実習対策

【注意喚起】実習先で嫌われる看護学生の5つの特徴

<strong>看護実習が近い看護学生</strong>“></div>
<div class=看護実習が近い看護学生
看護実習がそろそろ始まるな〜
実習中は何に気をつければいいのかな?
誰かわかる人教えて。

こんな疑問に、現役看護師の僕が答えます。

この記事では看護師の立場からみた、嫌われる(呆れられる)学生の特徴を5つ紹介します。

看護師として働いてから思うことは、実習中の学生の態度は意外と見られているということです。そして、そういった態度が社会に出てからも本当に大切になります。

そこで今回は看護師側から見た嫌われる看護学生の特徴を知ることで、実習中の態度を見直し、実習をできる限りストレスなく進めて頂ければなと思います。

実際に僕が実習から看護師になった今も、人間関係で苦労しているの特徴や実習をスムーズに進めている人の特徴を分析したものになりますので、意識するだけでもある程度効果は出ると思います。

今から紹介することは学生はもちろん、社会人になってから超大事なことになるのでこれから入職する方も初心に戻ったつもりで見ておいても良いかと思います。

目をつけられると何が悪いのか

そもそも目をつけられると何が悪いのでしょうか。自分の評価が下がるだけで、他には何も影響しないはず。というのは大きな間違いです

1人の学生が目をつけられることにより、考えられるデメリットは次の通り。

・単位がもらえずに再実習となる可能性がある
・成長するために必要な指導が受けられない
・実習先から実習の受け入れ拒否される
・担当教員が実習先に注意を受けることにより、担当教員の機嫌が悪くなり他メンバーが八つ当たりの被害を受ける
・八つ当たりを受けたメンバーからの反感を買い、助けてくれなくなる

再実習や必要な指導が受けられないのは、後になって自分を苦しめるだけなので構いませんが、実習受け入れ拒否は同世代と次世代の数千人単位で影響が出ます。また、他メンバーに迷惑がかかると、助け合いで乗り越えられる実習において非常に不利で居場所のない状況で戦うことになるので、控えめに言ってメンタルやられます。

ここまでのデメリットを考えた上で実習に臨んで下さい!

では次に本題に入ります。

目をつけられる学生の5つの特徴

①挨拶ができない

指導者さん
指導者さん
実習前後の挨拶は流れで決まっていますが、それ以外の場面で病棟内ですれ違う患者さんや医師、看護師などの医療従事者に挨拶できないのはNGです!!

実際にこんな意見もあるくらい、看護学生は常に見られていますので注意が必要です。笑

②ユニフォームで人を判断し、補助看さん等には挨拶しない

指導者さん
指導者さん
医療従事者には挨拶していても、補助看さん、ヘルパーさん、リハビリの人、患者家族に挨拶していないところを見かけると疑問に思います。

挨拶されなかった医療従事者や患者家族からの印象はめちゃくちゃ悪くなるので、誰にでも挨拶するように心がけると良いと思います!

③お礼が言えない

指導者さん
指導者さん
指導した事に対して「ありがとうございます」を言えずに、むしろ当たり前のような態度を取られると、不本意ですが教える気がなくなります。

これは確かにあるかも。笑

④すぐに泣く

指導者さん
指導者さん
アセスメントに対する根拠などを聞いた時に、無言になり泣き出してしまう子がいますが、指導しづらいので泣くのはやめてほしいです。

分からなくてどうしたら良いか分からなくて泣いてしまうのでしょうが、問いただしていじめたい訳ではなくて、根拠を考える力が大切だからこそ、根拠を聞いているので泣くくらいなら素直に「分かりません」と言ってくれた方が助かるという意見ですね!

でも僕は泣いてしまうほど実習で追い詰められてしまう気持ちも分かるので胸が痛いです。。

⑤言われたことに対する反応が悪い

指導者さん
指導者さん
アセスメントやケアについて指導した時に、「分かりました」「ありがとうございます」ではなく、「はい..はい..」のように曖昧な返事をする学生をみると「本当に分かっているのかな?」と不安を感じます。
また、「これ調べてきてね」と伝えても翌日全然調べてこないような学生はやる気がないのかな?と感じます。

指導者も人間です。看護学生には、良い看護師さんになって欲しいなという思いで関わりますが、あからさまに態度が悪かったり、やる気がなさそうな学生には指導する気が無くなる人もあるのかもしれませんね。。

まとめ

挨拶やお礼は社会人として、人として当たり前の行為です。「まだ学生だし」と思う方もいるかもしれませんが、実習先にいる人々は社会人ですので、社会人のルールに従う事が賢明です。「郷に入っては郷に従え」です。

ただでさえ、実習記録でストレスがかかるのに、それに加えて人間関係のストレスを抱えてしまうのは精神力の無駄遣いです。人間関係を円滑にするためにも挨拶とお礼だけは言えるように意識していくことがおすすめです!