新人看護師

【新人看護師あるある】辛い、辞めたい毎日を乗り越える5つの方法

どうもこんにちは!

メンズナース福です!

悩める新人看護師
悩める新人看護師
はぁ、看護師辛いし辞めたいな、、どうしたら良いんだろう。

というお悩みに答えていきます。

 

新人看護師が辛いと思う瞬間

先輩の指導がパワハラレベル

 

怖い先輩
怖い先輩

この処置2回目だよね?なんで出来ないの?
ベッドサイド汚いんだけど。
やる気あんの?

こんな事言ってくる看護師は本当に存在します。

福さん
福さん
僕が1年目の頃は、怒られたくないがために学習していました。笑

 

業務に関して、きっちり丁寧に指導してくれる先輩もいますが、ストレスの捌け口として僕の粗探しをしてくる先輩がいたのも事実です。

その先輩と勤務が被るときは本当に苦痛で、怒られるたびに何度も看護師を辞めたくなりました。

プリセプターとの相性が悪い

 

プリセプターは1年目の自分に、指導してくれるだけではなく、相談も乗ってくれるお姉さん的な存在です。

ですが、まれに鬼プリセプターに当たる事があります。

自分の味方であるはずの存在に裏切られ、パワハラレベルの指導をされれば誰だって辞めたくなります。

違う病棟に配属された同期がプリセプターとの相性が合わず、よく泣いていました。

よく相談に乗っていましたが、結局鬱っぽくなって病棟に来れなくなり、転職してしまいました。

転職先の話を会ったタイミングで聞いたりするのですが、給料は少し下がったけど人間関係のストレスがほとんどなくなったと、元気そうでなによりです。

福さん
福さん
どうやって転職成功したの?
同期
同期
求人でいいのなかったから転職サイト使ったよ〜
マイナビ看護師が転職にオススメな理由と入職までの流れをガチ解説どうも、こんにちは!! メンズナース福です。 という疑問に答えます! それでは早速、マイナビ看...

 

出来ない事が多すぎて自分の存在価値が分からない

 

新人看護師は、検査・処置の方法、入院の取り方、看護記録の書き方など何も分かりません。

何も経験がないまま臨床に放り出されるのは、泳ぎ方を知らずに海に放り出されるのと同じくらい恐怖と不安でいっぱいです。

受け持ち人数も少ないのに仕事も満足に遂行できず、他スタッフとのコミュニケーションもろくに取れず、先輩には怒られる毎日。

 

悩める新人看護師
悩める新人看護師
なんで看護師になったんだろう。。

 

こう考える新人看護師は多いと思います。

 

慣れない不規則勤務

 

病棟勤務だと、大きく分けて2交代・3交代勤務になりますが、入職して数ヶ月の間は不規則勤務に、体力と精神力がついていけない方が多いのかなと思います。

福さん
福さん

僕の病棟は2交代ですが、夜勤明けの翌日に日勤とか、残業で疲労感が取れないまま連日の出勤は本当にしんどかったですね。

 

多重課題が捌けなかったとき

 

病棟で働いていると、受け持ち患者の検査搬送が被ったり、処置中にナースコールが頻回に鳴るなどの多重課題が頻繁に起こります。

1人では到底対応しきれない時、他スタッフに協力を求める事ができると良いのですが、新人だからこそ先輩に声をかける勇気がなかなか出ないものです。

(先輩みんな忙しそうだし、頼んでもいいのかな??)

新人は的確で素早い判断能力がまだ身についていない事が多いため、協力を求めるのも遅くなります。

結果的にどうしたらいいのか分からない状況にパニックになり、仕事の出来なさに自信を失う事も多いです。

 

帰宅してから振り返りと次の日の勉強に追われる

 

新人看護師は業務の流れや、疾患に対する知識、処置方法などをほとんど知らない状態からスタートするため、帰宅しても殆ど振り返りに追われます。

プリセプターや教育係りの先輩が「復習しときな〜」と声をかけてくるはずです。

初めての環境、人間関係の構築という部分で不安を抱え、めちゃくちゃ緊張した状態で業務をしていくので、帰ったら異常な疲労感に襲われます。

覚えることがたくさんありますが、新人看護師にとって疲れきって帰宅した後の復習と予習が苦痛と感じる方は多いはずです。

上記のように、辛いと思う瞬間は多々ありますが、そんな毎日を乗り越えるにはどうしたら良いのでしょうか??

次に具体的な方法をご紹介していきます。

新人看護師の辛い毎日を乗り越える5つの方法

深く考えすぎない

 

ミスをしてしまったり、怒られた後は誰でも落ち込みます。

しかし、ミスをした事で反省して落ち込むのと、自分を責めて落ち込むのは別です。

怒られて自分は看護師向いてないかもしれないと思う事はあるかもしれませんが、ミスは誰でもしますし、新人が向いてないかを判断するのには早すぎます。

・失敗なんて誰でもするから仕方ないという思考
・失敗の原因を振り返り、次は繰り返さないようにする努力

 

同期と話す

 

同期の存在は実際かなり大きいものです。

新人看護師では愚痴を聞いてくれる人はいても、一般職の方は病棟の様子や、その苦労を理解してくれる訳ではありません。

同じ病棟に配属された同期なら、病棟の様子を知る唯一の理解者であるため、仕事に関する愚痴を言い合ったり、お互いに励まし合ったりできるので、本当に心強い存在です。

・同期は本当に心強い存在なので助けあっていくと良い

 

先輩に相談する

 

僕の場合はプリセプターがすごく面倒見の良いお姉さんだったので、教え方も分かりやすく、伸び伸びと学習を進めることが出来ました!

僕の同期は鬼プリセプターに理不尽な怒られ方をしていたので、プリセプターより上の看護師に相談したり、頑張る姿勢をアピールして対処していました。

先輩の看護師に相談する事で、自分では気がつかない自分の出来ている部分や、悪い部分に気づく事ができたり、場合によっては相談内容がプリセプターに伝わり、人間関係が良好になるきっかけにもなります。

・経験を積んだ先輩に相談する事で、違う自分に気づいたり、問題が解決する可能性がある。

 

できることを増やす

 

新人看護師は何が分からないか分からないので、漠然とした不安と日々向き合う事になります。

不安を軽減させていくためには、自信をつける事が1番の近道です。

自信をつけるためには、成功体験を積み重ねる必要があります。

・今日は緊急入院が1人で取れた
・今日は定時で上がる事ができた
・今日は先輩に褒められた

どんな小さなことでも良いので、出来ることや上手くいったことを増やしていきましょう。

・出来ることを増やすことは成功体験に繋がり、辛い毎日を脱出する近道となる

 

時間管理を徹底する

 

勤め始めの頃は、身体的・精神的な疲れによりリフレッシュ出来ない事が多いです。

昨日出来なかった業務の振り返り、次の受け持ちをするための疾患の勉強など。

休みの日にも仕事の事ばかり考えていたら身体が持ちません。

やるならダラダラやらずに、オンとオフを切り替えてやると上手くいきます。

・午前中は業務の振り返り
・午後は仕事を忘れて友達と遊ぶ

福さん
福さん
僕は1日のやることリストを作成して集中力が永久に続く方法で学習や作業をしています!

・休みの日はリフレッシュする事に全力で取り組もう!

 

まとめ

 

看護師の仕事は、身体的・精神的に辛い事がたくさんあります。

新人看護師の頃は特に気分が落ち込みやすく、本当に辛い時期を過ごしているかと思いますが、この記事を読んで少しでも前向きになれてもらえればな、と思います。

【根拠あり】即効性のある7つのストレス対処法を現役看護師がガチ解説看護師は人と密接に関わる仕事のため、ストレスがかかりやすい職業です。 職場のスタッフ同士や、患者さん相手でも、「イラっ」とする事が...