看護師について

救急病棟に勤務している同期に劣等感を感じた話

どうも!

こんにちは福です!

僕は急性期の病院で勤務をしているのですが、その中でも一般病棟で仕事をしています。

そのため、ある程度病状が落ち着いた患者を受け持つことが多いのですが、院内の研修で救急病棟で勤務している同期とか関わる機会があり、その時に知識や、経験の差をかなり感じました。。

「僕も救急病棟を希望していたら今、もっと成長出来ているんだろうな〜。」

と一般病棟で働き自分の差を感じて劣等感のようなものを感じてしまいました。。

今回は「救急病棟で勤務している同期に対して感じる劣等感」について深掘りして記事を書いていきます!

そもそも看護師として働く上で役割はそれぞれ違う

これを書くと、今の自分の現状を守るというか、プライドを保つために書いているように感じるのですが、そうではありません。笑

冷静にこの劣等感について考えた上で考えた答えになります。

そもそも僕は看護師になるきっかけとして、患者の家族としての思いや、親が恒例になった時に少しでも自分が出来ることを増やしたいと考えて看護師を目指しました。

だからこそ、現在の病棟で退院支援を行なっている現状については不満もありませんし、自分に向いているな〜と感じることも多いです。

特に看護師だと、

・内科
・外科
・救急

などのくくりに加えて、それ以外でも美容や、訪問看護師、産業看護師など本当に役割は様々になります。

その状況で比べることに意味はあるのか?

という疑問を感じたのです。

役割がそれぞれ違うのだから、その前提条件が違うのに比べる必要はないのかなとよくよく考えると思いました。

勿論得るスキルは違うのは事実

しかし、勿論勤務の形態が変わることにより得る事が出来るスキル、知識が違うのは事実です。

今回の研修では、疾患についての幅広い知識や、対応は僕より何倍も救急に勤務している同期の方が優れていました。

なので、自分もそれに劣等感を感じたのは事実です。

でも、これが日常生活だったり、退院支援だったらどうでしょう?

僕が普段実践している領域では、救急の同期が知らない経験や、知識があるのではないでしょうか?

ですので、どちらが優れているとかではなくて、単純に専門領域の違い、普段の業務内容のよる差なのかなと感じました。

その差を埋めたければ自分が勉強して埋めていけば良いし、逆にそこまで自分がその領域に対して勉強欲が沸かなければその差を必要以上に考える必要はないのではないか?

と考えました。

僕と同じような考えを持つ人はいると思う

今回の僕のように違う病棟の同期と比べてしまい、劣等感を持つ人は多いのではないかと思います。

ですが、今回の記事に書いたように冷静に分析していった結果、自分が得意とする分野の違いは生まれて当たり前なんだと理解する事が出来ました。

これは看護職だけでなく、他の仕事でも同様だと思います。

同じ車の整備の仕事をしていても、

・トヨタでの勤務
・BMWでの勤務

など自分が所属する場所により指導や、勉強する内容は変わってくると思います。

少し話は変わりますが、

・専門学校
・大学

どちらが看護師になる上で優れているかという話も根本的には同様で、それぞれの良さがあるので、比べる必要はないのです。

環境が違う=違いが生まれる

これはどうしようもない事実なので、そのことに対して嘆く必要はありません。

その差について不満を持って変えたいと思えば変えれば良いし、変える必要がなかったら変えなくて良いと思います。

今回の一連の自分の経験からこのように整理をしていきました。

今回の経験からの学び

ですが、僕は今回の劣等感をそのままにしたくないな〜と感じました。。

次にまた劣等感を感じないようにしっかりと勉強していこうと思います!

いきなり、救急病棟で多い疾患や、処置などを勉強していても、日常の業務で活かす事があまり出来ないと思うので、まずは病気が見えるなどで自分の病棟の疾患を再度整理していきます!笑

コツコツした勉強あるのみ!!