看護師について

【看護師あるある】夜勤が憂鬱になる4つの理由

どうも!こんちには。福です!

昨日の朝から彼女さんとお泊りに行き、今日は彼女が夜勤の入りだったので病院まで送ってあげて今帰宅しました!

【本日の状況】

(福)
昨日 夜勤の明け
今日 休み

(彼女)
昨日 日勤
今日 夜勤の入り

彼女の日勤終了後今まで半日くらい一緒にいたのですが、その中で

「明日の夜勤嫌だな〜」

と何回か彼女が話していたのですが、僕や、彼女だけではなく、看護師の多くが夜勤前に憂鬱な気持ちになった経験があるのではないでしょうか??

今回は夜勤が憂鬱になる4つの理由について書いていこうと思います!

彼女さん夜勤頑張れ〜!!(惚気みたいですみません)

夜勤が憂鬱になる理由4つ

では早速看護師が夜勤業務を憂鬱に感じる理由について話していきます!

夜勤は勤務時間が長い

まず1つ目に理由は、

「夜勤は勤務時間が長い」

ということが挙げられます!

僕は2交代の病棟に勤務をしているのですが、その勤務時間は異常に長いです。。

時間としては、16時〜翌日の8時までとなっていて、休憩が食事休憩が30分、仮眠休憩が2時間あるので、実働は13.5時間です!

その中をたくさんいる患者さんの対応をしながら仕事をしていくので本当に大変です。

特に女子の中には、アルバイトもそこまで長くやったことがない人もいると思うので、体力的にも精神的にもきつく、夜勤のことを考えると憂鬱になります!

患者さんに「寝れない。辛い。」と言われると、「僕も寝れなくて辛いよ。」と思ったりもします。笑

夜勤は人数が少ない

2つ目の理由は夜勤の人数が少ないということです!

いつも日勤では7〜8人いて看護をしているのにも関わらず、夜勤では3〜4人で勤務をしていくことが多いです。。

これって本当にきついと思います。

確かに日中のように検査はないですし、イベントは減りますが、その分夜勤は夜勤の仕事があるので、それを考えて配置してもっと人数が増えれば良いのにな〜って毎回思っています!

1人ずつ休憩に行くので、その間は2人で病棟の患者さんを全員みなくてはいけません。

夜勤で怖い先輩と一緒になると超気を遣う

3つ目の理由は夜勤のメンバーに関してです。

夜勤で怖い先輩と一緒になると超気を遣います。

理不尽に怒る人や、忙しいとイライラする人がいると最悪ですね。。

人数が少ない分、その人と関わる機会も増えるので、最悪です。

実際に僕も1年目の時、怖い先輩に、

「福くんと一緒の夜勤なんだけど。最悪。」

と言われているのを影で聞いてしまいました。笑

1年目で仕事も出来ずに、夜勤の流れもあまり分からないし、検温も早く回れなかったのでしょうがないかなと思いますが、

「いや、こっちも嫌だけどね。」

と思っていました。

福さんはビビリなので伝えることは出来ていませんが。笑

とりあえず何をするにも気を遣っていて、夜勤が終わった後には開放感でガッツポーズをしていました。

勤務表が出た時にはまず夜勤のメンバーを見ます。

そうして、その人との夜勤が少ないと、本当に良い気分で1ヶ月過ごせます!

それくらい大事なことなんです。

夜勤で予想外なことが起こると対応が出来ない

4つ目は夜勤で予想外のことが起こると対応が出来ないということです。

例を挙げると、

・患者さんの急変
・ステルベン(亡くなること)
・緊急入院
・スタッフの体調不良

などなど。

人数が少ない中で、これらの予想外なことに対応するのはとても大変です。。

これらがたくさんありすぎると、

「あ。もう無理だわこれ。」

なんて思ったりもします。

諦めも肝心なんて実感するのです。

日勤は基本的に検査のスケジュールなども決まっているので準備が出来るのですが、夜勤では何かハプニングが起こると忙しすぎて涙が出ます。

逆に夜勤で何もイベントが無いと感動します。

夜勤明けの特徴

そんな大変な夜勤の中でも朝は必ずやってきます!

そうした時にあるあると思う行動をツイートしました!

それがこちらです。

 

夜勤明け看護師あるある

・日勤の人が来ると安堵感

・記録で椅子に座ると一気にくる眠気

・漏れがあっても良いやと思うくらいの開放感

・苦手な人との夜勤後は、終わった瞬間ガッツポーズ。笑

・「〜ちゃん夜勤の後〜休??」

・明けの夜のテンションの高さは異常

色々なこともありますが、夜勤明けの達成感は他の場面では味わえないほど凄いです。

それでも夜勤が好きとはなりにくいと思いますが。笑

まとめ

いかがでしたでしょうか??

今回は【看護師あるある】夜勤が憂鬱になる4つの理由という内容について書いていきました!

それぞれの病棟によって大変なことも違ってくるとは思いますが、嫌な気持ちは変わらないと思います。。

それでは記事のポイントをまとめていきます!

夜勤が憂鬱になる4つの理由

・夜勤は勤務時間が長い
・夜勤は人数が少ない
・夜勤で怖い先輩と一緒になると超気を遣う
・夜勤で予想外なことが起こると対応が出来ない

夜勤明けの開放感は半端じゃないが、夜勤がやりたい(好き)という訳ではない。笑

YouTubeの方でも夜勤について話しているので是非ご覧下さい!